2014年04月

  

1:2014/04/02(水)19:41:24 ID:
キングオブジャンクフードともいえる「カップ焼きそば」。いつも何気なく食べていますが、なにかもの足りない、と思ったことってないでしょうか。
教えて!gooにはこんなQ&Aが投稿されていました。

「カップ焼きそばには、これが足りない!」

質問者のlocaltombiさんは、カップ焼きそばはおいしいけれど、
「何だかちょっとイマイチなんですね。味なのか具なのか…とにかくイマイチ何かが足りない」と書き込んでおり、
「カップ焼きそばの、これが足りない!というものって、何ですか?」と質問を投げかけています。
これに対して集まった回答を見てみると――。

■「焼いてない」カップ焼きそばに問題あり?

「コクがない。ぼんやりしている」(minaotehonさん)
「火力が足りません」(noname#156271さん)
「ソースの焦げた良い匂いですかね。ソースだけではないですが、焼き目というか焦げ目というか」(REN-KAIREさん)

等というコメントがまず目に付きました。そういえばカップ焼きそばは、焼きそばといいつつも焼いていませんね。
これについては、

「どちらかというと油そばに近いのではないでしょうか」(wild_kitさん)
という回答があり、質問者さんも「あれは、『ソース味蒸しそば』でしょうかね」と返答しています。
お湯で柔らかくして食べるものである以上、焦げ目はあきらめるしかないのでしょうか…。
また、“具”に関する回答も多く見られました。

「豚肉をどっかーん!!と入れて欲しいです」(skyhigh555さん)
「『焼きそばにかつお節』私のこだわりです」(higan7813さん)
「とにかく野菜が足りない。特にソース味の焼きそばの美味しさの7割は、野菜だと思っています」(gldfishさん)
「私は野菜が足りないと思います」(noname#172673さん)

こうした回答に対し、キャベツを自分で入れる食べ方も投稿されていました。

「お湯を入れる前に、麺の上に千切りキャベツを押し込んでください。
そして、なるべく沸騰直後の熱いお湯を注ぐ。3分間でキャベツにも軽く火が入り、しんなりします」(Lupinus2さん)

なるほど。しかし、そこまでするなら本物の焼きそばを作ればいいのではないか、という気もします。そのほか、こんな回答もありました。

「家族の食事にカップ焼きそばを出したら『愛が足りない』ってふつう言われそうです」(noname#159051さん)

たしかに愛は、カップ焼きそばに足りないものの一つかもしれません。
しかし、noname#159051さんは続けて、「うちの夫はインスタントが大好きなので大喜びです」と書き込んでいます。
みなさんは、カップ焼きそばに足りないものって、なんだと思いますか?

三枝大介(Daisuke Saegusa)
http://news.livedoor.com/article/detail/8693697/

2:2014/04/02(水)19:45:22 ID:
肉に決まっとろうが。

19:2014/04/02(水)21:14:19 ID:
>>2
ハゲ同

4:2014/04/02(水)20:01:21 ID:
麺にコシがない

続きを読む

     
  

1:2014/04/02(水)15:00:12 ID:
一月で4kg減ったwwwwwwww
便秘も解消されるしニキビも減るし良いこと無しやでwwwwwwwwww

15:2014/04/02(水)15:14:13 ID:
とりあえずまだ
>>1
の文章間違いに気付いてないな

17:2014/04/02(水)15:20:51 ID:
>>15
そこにはあまり触れないでいただけると嬉しいです

これからも蕎麦続ける予定だからもしも蕎麦でおすすめなヘルシー食有ったら教えてくれ

2:2014/04/02(水)15:00:37 ID:
血圧下がりそう

続きを読む

     
  

1:2014/04/02(水)15:02:08 ID:
各党の政党助成金が発表になったので、巨額な血税が使われる「記者クラブ」の存在に触れたいと思う。

記者クラブは、ぶら下がり取材を行い、情報談合、情報カルテルを結ぶ情報管理統制組織である。
しかも法人では無く、正体は反日マスコミの私的な任意団体」である。
自由な報道を妨害する記者クラブは必要なのだろうか?
任意団体の反日組織に国民の血税から便宜供与がおこなわれている現実を認識し、是非、記者クラブの存続の可否について議論をしてもらいたい。

○記者クラブ 110億円

比較対象、各党の政党交付金
○自民党 157億8366万円
○民主党 66億9288万円
○結いの党 3億4899万円
○みんなの党 20億1337万円

2014.4.1 21:4
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140401/stt14040121410008-n1.ht


○記者クラブ
記者クラブは、法人としての登記が為されていない私的な組織で、主に大手メディアが構成する。
日本には約800の記者クラブがあり、中央省庁・国会・政党を初め、企業・業界団体、地方自治体の役場などに置かれている(詳細は記者クラブ一覧を参照)。
ほとんどの記者クラブは専用の記者室を取材対象側から無償もしくは低額で割り当てられ、情報提供などを独占的に受けている。光熱費などの運営費も負担しないケースも多い。年間110億円、全国紙1社あたり数億円の負担を免れているという(詳細は記者室を参照)。

実際に入会審査するのは各記者クラブだが、審査過程は不透明で、加盟社が1社でも反対すれば入会は認められない。

参照、ウキペディア
ttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%98%E8%80%85%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

15:2014/04/02(水)15:37:50 ID:
>>1
いやwww大手マスゴミどもなんだから支払わせろよwww

嫌なら大部屋にでも放り込んでおけよw

2:2014/04/02(水)15:05:49 ID:
記者クラブと民主党の助成金を足すと、自民党を上回るじゃん。

3:2014/04/02(水)15:06:13 ID:
もう独占禁止法違反で解散命令出せよ

続きを読む

     
  

1:2014/04/02(水)11:59:48 ID:
なんか今そんな気持ちで一杯なんだよ…

2:2014/04/02(水)12:00:03 ID:
kwsk

3:2014/04/02(水)12:00:34 ID:
自分を立派な人間と思わなければいい
あと善悪の概念をなくす

4:2014/04/02(水)12:00:59 ID:
まさか一昨日の本家のあのスレの当事者じゃないよな?

続きを読む

     
  

1:2014/04/01(火)17:01:22 ID:
【中国】白く、大きく、見た目のきれいな「もやし」を栽培するため、毒性の添加物を大量に使用して促成栽培した「毒もやし」の製造・販売が中国で後を絶たない。

「毒もやし」に対する検査基準が都市部で引き上げられたことから、近ごろは、都市を離れた農村部や、都市と農村の中間部に、製造・加工拠点が集中する傾向が見られる。西寧晩報が28日付で伝えた。

先ごろ青海省大通県で、「毒もやし」を違法に製造・販売していた夫婦が「有害食品罪」の容疑で逮捕された。2014年1月下旬から3月初旬にかけて、同県朔北郷下吉ケイ(さんずいに圭)村の廃止された化学工場跡地で、夫が「毒もやし」を製造・加工し、妻がそれを市場で販売していたと見られる。成長を促進し、見栄えを良くするため、製造過程で使用禁止薬品を含む「もやしの素」を使っていた。現場からは、リョクトウ用「もやしの素」2456本、大豆用「もやしの素」1000本、リョクトウ苗150キログラム、大豆苗590キログラム、加工途中のもやし4560キログラムが押収された。成分検査の結果、「もやしの素」、加工途中製品の両方から、ベンジルアデニン(6-ベンジルアミノプリン)が検出された。これは、当局が2011年11月4日に発布した食品生産企業使用禁止薬品33種のうちの1つだ。「毒もやし」からは、それ以外に4ークロロフェノキシ酢酸、ジベレリンなど人体に有害な成分が検出されている。青海省では、添加物「もやしの素」を販売している場所がない。夫婦は「人に頼んで江蘇省、甘粛省蘭州市などから取り寄せた」と供述している。また、この「毒もやし」は、各地の野菜卸売業者が集まる橋頭鎮の大規模な「海発市場」に卸されていたため、すでに各家庭の台所へ流出している可能性があるという。

(中略)「毒もやし」は、成長するまでに、短ければ5~6日、長くても10日前後しか要さない。「もやしの素」などの使用により、色が白く、根のない、市場受けする「もやし」を大量に生産することができる。1日の収穫量は500~600キログラムに上り、利益率は大きいという。

2014年4月1日(火) 16時07分 newsclip.be
http://www.newsclip.be/article/2014/04/01/21327.html

2:2014/04/01(火)17:08:51 ID:
中国人なら美味しく食べられるはず

4:2014/04/01(火)17:13:17 ID:
スリルという名の美味しい”スパイス”アルネ

5:2014/04/01(火)17:13:29 ID:
学校給食にも卸してる処が在るらしいなオソロ支那

続きを読む

     
  

↑このページのトップヘ