1:2013/09/24(火) 09:53:11.34 ID:
千日回峰行の酒井雄哉氏死去 

比叡山の荒行「千日回峰行」を2度達成した天台宗大阿闍梨の酒井雄哉氏が心不全で死去。87歳。

http://www.47news.jp/FN/201309/FN2013092401001345.html

2:2013/09/24(火) 09:53:56.03 ID:
実際に内容を見たらすごい件

6:2013/09/24(火) 09:55:31.54 ID:
真言の虚空蔵求聞持法
天台の千日回峰行

気が狂うかカタワになるかといわれる、国内トップクラスのハード修行

37:2013/09/24(火) 10:27:58.82 ID:
>>6
千日回峰のほうがマシな気がする

10:2013/09/24(火) 09:57:34.92 ID:
千日回峰

 比叡山廷暦寺の「千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)」は荒行中の荒行とされていますが、
そばが大変重要な役割を担っていることを示す絶好の事例といえるでしょう。
千日といっても連続して3年間という意味ではなく、7年間をかけて通算1000日の間行なわれます。

 最初の3年間は、1年のうち100日だけ行が許され、1日30Kmを歩いて255ヶ所の霊場を巡拝ます。
続く2年間は1年に200日、同じ修行を行ない、この5年間で通算700日となります。

 ここに至って、9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」に入ます。
この行を修めないと次の行に進むことは許されません。
通常、人間が断食・断水状態で生きられる生理的限界は3日間とされていることを考えれば、
信じがたいほどの苦行といえるでしょう。

 この行の後、6年目は1年間に100日の行となります。
1日に歩く距離は60Kmと倍増し、巡拝する場所も266カ所に増ます。

 7年目は、前半の100日間が1日84Km、300カ所の巡拝となります。
1日にこれだけの距離を歩くとなると睡眠時間はわずか2時間。
夜中の12時に起きて歩き始めるそうです。

 最後の100日間は当初の1日30Kmの行に戻ります。
これで合計1000日間、歩く距離は地球1周に匹敵する4万Kmにも及びます。

 一連の行の中でそばが登場するのは、9日間の断食・断水という超人的な苦行に入る直前です。
いよいよ厳しさの増す6年目からの行に備えて、「五穀断ち」の「前行」が100日間行なわれます。
この間、修行者はそばと少量の野菜以外はいっさい口にしません。
 人間の細胞は3カ月で入れ替わるとされていますが、この期間に、その後の厳しい修行に耐え得るだけの
肉体と精神力を養うのではないかと考えられています。
http://www.daikoku-ya.jp/contents/note/guide_113.htm

36:2013/09/24(火) 10:25:53.75 ID:
>>10
>9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」に入ます。
>この行を修めないと次の行に進むことは許されません。
>通常、人間が断食・断水状態で生きられる生理的限界は3日間とされていることを考えれば、
>信じがたいほどの苦行といえるでしょう。

本当にやってるんだろうか
表面上は守りつつ、他の坊主が定期的にうっかり水を置き忘れちゃって
それをこっそり飲んで凌いでたりして

38:2013/09/24(火) 10:29:54.20 ID:
>>10
送り仮名が所々おかしいのは何でなん?

39:2013/09/24(火) 10:31:06.87 ID:
>>10
これやるとどうなるの
自分が苦しいだけでなにも生まないよね

16:2013/09/24(火) 10:00:09.17 ID:
仏陀の苦行なんて意味ねーからやめろよって教えはどこいったん?
馬鹿だよねこいつ

20:2013/09/24(火) 10:04:31.81 ID:
>>16
仏陀は、悟りに至るまでの過程に苦行は不要と考える。
で、密教は現世利益を実践するために法力、超感覚を養うことに主眼を置く

+αの何か、を得るためなんだろう。

18:2013/09/24(火) 10:03:26.17 ID:
元特攻隊員らしいからな、生きてることに色々思うところもあったんだろ

22:2013/09/24(火) 10:07:28.97 ID:
>>18
その割に平均寿命以上生きて

26:2013/09/24(火) 10:13:07.34 ID:
9日間も不眠ってできるもんなのか?
武井壮でも45分は寝てるぞ

32:2013/09/24(火) 10:20:59.97 ID:
>>26
3日不眠で歩きながら倒れた

27:2013/09/24(火) 10:13:49.20 ID:
9日間の断食、断水、不眠はちょっとうそ臭い

33:2013/09/24(火) 10:23:31.24 ID:
>>27
護摩焚きみたいなデッカイ火の真ん前でお経を唱え続けるんだってさ
衆人環視の中で
最近の人は、始めた瞬間から喉が渇いて大変だったとか

31:2013/09/24(火) 10:19:48.44 ID:
若い頃に阿闍梨様の道中に清水で逢った。
皆と同じく沿道に膝まづき合掌して待った。
頭上に錫杖を翳してもらうと、何とも言えない気分になった。
今にして思えばそれが「ありがたい」と感じた時なんだと解る。

34:2013/09/24(火) 10:23:56.62 ID:
自殺用の刀持ちながら野山駆け回るやつか(´・ω・`)

40:2013/09/24(火) 10:32:34.52 ID:
釈迦は苦行を否定したというのに・・・

41:2013/09/24(火) 10:33:34.90 ID:
堂入りってやつだっけ?
九日間眠らない立ちっぱなしで飲まない食わないまま法華経を全巻読破し般若心経を十万回唱えるとか

体内の血液量が減る程の苦行だと聞いたが

42:2013/09/24(火) 10:35:11.22 ID:
だいぶ前、筑紫哲也との対談で見たな
あんな荒行ほんとに出来るものなのかと

43:2013/09/24(火) 10:35:14.14 ID:
最終目標は超人力を得て衆の救済だしな。
修行はあくまで目的のための手段。

45:2013/09/24(火) 10:37:03.50 ID:
お堂から出てくるときは生きているミイラ状態
ひとりでは立ち上がることも出来ないから
両脇から支えられて引きずられるようして出てくる

オレなら頼まれても絶対にやらない

46:2013/09/24(火) 10:39:00.74 ID:
ほい、こちらが酒井さんの千日修行ドキュメンタリー

888