1:2014/07/16(水) 04:10:45.82 ID:
1

明日に迫った運動会をとても楽しみにしている小学3年生の男の子。

ところが天気予報では明日の天気は雨。

何とか中止にならないようにと、てるてる坊主を作る事にする。

たくさん作った方が効果があると思った彼は、笑顔のてるてる坊主を5つ、窓の外に吊るしてお願いした。

「明日、雨が降りませんように…」

2:2014/07/16(水) 04:12:18.14 ID:
2

しかし、その翌朝、目覚めると彼の願いは虚しく外は大雨だった。

外に吊るされたてるてる坊主は雨で濡れ、笑顔だったはずの顔は滲んで涙を流しているように見える。

風で飛ばされたのだろうか、5つ吊るしたはずが4つしかない。


「あんなにお願いしたのに!」

頭にきた彼は、吊るされたてるてる坊主を力任せに引っぱると、頭が引きちぎれ無惨に落ちた。

運動会が中止になった場合、午前中だけいつも通り授業を受ける事になっていたため、母親の作っていた運動会用の豪勢な弁当を持って彼は嫌々学校へ向かう。


授業が終わる頃には、皮肉にも嘘のように雨は止み、空は晴れ渡っていた。

3:2014/07/16(水) 04:12:56.07 ID:
3

彼が家に戻ってくるのを待っていたのか、すぐに母親が晩ご飯の買い物に出かけていき、一人家で留守番することになる。


いつもは見られない時間帯のテレビ番組を楽しんでいると、突然ドアチャイムが鳴る。

一人でいる時は家に誰か来ても出なくていいと母親に言われている彼は、テレビを見続けている。


ところがその後もチャイムは何度も何度も鳴り続ける。


さすがに無視し続けていられなくなった彼は気配を殺して玄関へと近づき、ドアの覗き穴からそっと覗いてみる。

そして自分の目を疑った。


そこには白い布を頭からかぶった、自分と同じくらいの背丈のてるてる坊主が立っていたのだ。

4:2014/07/16(水) 04:13:36.42 ID:
4

マジックで描かれたようなその顔は滲んでいて、自分が首をちぎった、あのてるてる坊主のように笑いながら涙を流しているように見える。

「…誰?」

思わず声をかけるがてるてる坊主は何も言わない。


その時ふと、学校でクラスメイトにてるてる坊主を作った話をして、そんな幼稚な事をしてるのと笑われたのを思い出す。

もしかしたら友達が自分をからかいに来たのかもしれない。


「もう~やめてよ~」


玄関のドアを開け、辺りを見回すがそこには誰もいない。

「?」

覗き穴から見た時には確かに、てるてる坊主の格好をした人が立っていたはずなのに。

5:2014/07/16(水) 04:14:22.76 ID:
5

気味が悪くなり室内に戻ろうと振り返った瞬間、背後から巨大な布のようなものを被せられ、彼の目の前は真っ暗に…。





次に目を覚ました時、顔に被せられた布越しに空が晴れているのがわかった。喉が渇く。





あとどれくらい僕はこうして吊るされているんだろう…。

9:2014/07/16(水) 04:17:56.72 ID:
乙怖かった

16:2014/07/16(水) 04:22:22.77 ID:
久々に家族そろって祖父の家に帰省することになった中学生の女の子。

早朝に家を出たこともあり、父親の運転する車は渋滞につかまることもなく高速道路を快調に飛ばし、このまま順調にいけば昼過ぎには到着できそうだ。

「前にお爺ちゃんのとこにいったのはいつ頃だったっけ?」

「私が小学校に入学した報告をしなきゃって言ってたから…5年前?」

昔を懐かしみながら盛り上がる車内。

17:2014/07/16(水) 04:23:10.71 ID:
するとルームミラーを覗き込んでいた父親が何やら眉間にしわを寄せる。

「どうしたの?」

「…いや、かなり飛ばしてる車が近づいてきたみたいだから」

彼女が後ろを振り返ると、薄汚れた一台のセダンがものすごいスピードで接近してくる。


そして、みるみるうちに彼女たちの車に追いつくと、ピッタリと並走を始めた。

しかもドライバーを見ると血走った目でこちらに向かって何か叫んでいるようだ。

「あんまり見るな」

語気の強い父親の言葉に目を逸らす彼女たち。

あの車のスピードやドライバーの様子から、これ以上関わり合いになるのを避けるべきだと判断したのだろう。

18:2014/07/16(水) 04:23:55.72 ID:
しばらく目も合わせずにいると、並走していたセダンは再び加速をはじめ彼女たちの車を引き離していく。

ホッとした彼女は少しずつ車間距離を広げていくセダンの後部トランクに注目する。

トランクの蓋が微妙に開いたままになっていて、車の振動に合わせてパカパカと揺れている状態だったのだ。

とその時、一瞬トランクの中の暗闇に人間の顔のようなものが見えたような気がして目を疑う彼女。

車間距離が広がっていく中、さらによく目を凝らすと、開いたトランクの淵に手をかけ何者かが確かにヌーッと顔を覗かせ大きく見開いた目でこちらを見ていた。

両親はまったく気づいていないようだ。

19:2014/07/16(水) 04:25:09.21 ID:
その間にセダンは見えないほど先に行ってしまった。

気味の悪い車の出現に和やかな雰囲気は一転し、車内はぎこちない沈黙に包まれてしまった。

しかも運の悪いことに事故渋滞にまで巻き込まれてしまう。

「もしかしてさっきの車だったりして…」

そんな冗談を言い合えるほど冷静さを取り戻した彼女たちだったが、実際に事故現場で大破していた車を見て言葉を失う。

本当にさっきのセダンだったのだ。

警官が事故処理をする横を徐行しながら通り過ぎる時、彼女は人影の見えたトランクの中に注目する。

だが開きっぱなしになったトランクには人はもちろん何も入っていないようだった。

やっと事故渋滞を抜け、再び軽快に飛ばし始める父親の運転する車。

事故現場を過ぎたあたりからトランクに潜む、何者かの気配に気づかぬまま…。

20:2014/07/16(水) 04:29:29.05 ID:
セダンのドライバーはなんで叫んでたんだろ

21:2014/07/16(水) 04:30:34.20 ID:
>>20
トランクの中の何者かに気付いたからじゃね

25:2014/07/16(水) 04:33:40.64 ID:
高速道路で事故を次々起こしてる霊的ななにかなんじゃね
しらんけど

23:2014/07/16(水) 04:32:51.03 ID:
残業で帰りが遅くなったあるサラリーマン。

「一秒でも早く家に帰って休みたい」

会社を出た時にはすでに終電間際だったため、疲れた体に鞭を打ちながら必死で駅まで走るが、結局ホームから走り去る終電を見送る羽目になってしまった。

仕方なくタクシーで帰宅することにするが、駅前のタクシー乗り場は大混雑。

少し歩きながら、通りかかったタクシーを停めることに。

しかしなかなかタクシーは通らず、すでに結構な距離を歩いてきてしまった。

「このまま歩いて帰ることになるんじゃないか…」

24:2014/07/16(水) 04:33:17.94 ID:
半ば自棄になりながらそんなことを考えていると、やっと背後から一台のタクシーがやけに飛ばしながら近づいてくる。

絶対に逃すまいと必死で両手を振ると、タクシーは飛ばしていたせいか一旦彼の横を通り過ぎたあと、10メートルほど先でブレーキを軋ませながら停車した。

「これでやっと帰れるんだ」という嬉しさで小走りに車へと向かう。

タクシーに乗り込み座席に沈み込むと、すぐに意識が遠のきそうになり改めて自分の疲れを思い知らされた。

26:2014/07/16(水) 04:33:46.95 ID:
そんな中、彼は足元に何かが当たったような感触を覚える。

重い体を起こしながら足元にある何かを拾い上げるとそれは一足の赤いハイヒールだった。酔っ払いの忘れ物だろうか?

正直、面倒臭かったが彼は運転手に伝える。

「あのハイヒールが片方だけ落ちてたんですけど…」

すると運転手はこちらに振り向きもせず早口で言った。

「捨ててもらえますか」

27:2014/07/16(水) 04:34:12.19 ID:
その途端、眠気は吹き飛び、なぜ客である自分がわざわざタクシーの忘れ物を捨てなければならないのかと怒りがふつふつと込み上げてきた。

文句を言ってやろうと背もたれから体を起こしたその時…

「早く窓から捨てろって言ってんだろっっ!!!」

突然運転手から怒鳴りつけられ、彼はあまりに理解不能なできごとにその場で固まってしまった。

「俺はマズイ奴の車に乗ってしまったのか…」

28:2014/07/16(水) 04:35:05.59 ID:
彼の気持ちを知ってか知らずか、運転手は何故かアクセルを強く踏み込み、彼の恐怖心と比例するかのように車を加速させる。

やがて硬直した彼はさっきからずっと聞こえている奇妙な音を認識する。

「…カッ…ペタッ…カッ…ペタッ…カッ…ペタッ」

単調だが高速で繰り返される不思議なリズム。

思考が停止したまま、ふと窓の外を見た

29:2014/07/16(水) 04:35:45.05 ID:
思考が停止したまま、ふと窓の外を見彼は車と並走する何かの影を見た。

それはまるで激しく引きずられたかのようにズタズタの服を身に纏った女だった。

足元には片足にだけ白いハイヒールが。

運転手を見るとまるで冷水でも被ったかのように激しく震えている。

女は車内で血まみれの白いハイヒールを手にしている彼に向かってわずかに口を動かす。

「…か…えせ」


http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1405451445/

元スレ:
888