1
 

「佳子さま」に一夏の恋を諦めさせた「家庭教師」の腕力

 その子二十(はたち) 櫛にながるる黒髪の おごりの春のうつくしきかな――。
与謝野晶子が歌に詠んだ、青春を謳歌する女性の美しさは、芳紀20歳の佳子さまの
姿にぴたりと重なる。国際基督教大学(ICU)に入学後、キャンパスライフを満喫される
プリンセスの人気は増すばかり。だが一方で、念願の海外留学と、一夏の恋には
“家庭教師”から「待った」が掛かっていた。

 ***

 ICUが夏休みに入ってからというもの、佳子さまが多忙を極めていらっしゃるのは
ご承知の通りだ。

 7月25日に開催された「全日本高等学校馬術競技大会」で、初めて開会式での
挨拶を経験されたのを皮切りに、翌週は秋篠宮殿下と2泊3日で「全国高等学校
総合文化祭」にご臨席。30日には、明治天皇例祭の儀にも参列されている。

 酷暑の折、さぞやお疲れのことと思われるが、宮内庁担当記者によれば、

「お出迎えのため、馬術競技大会の会場に集まった地元の保育園児を目にすると、
佳子さまは腰を屈めて、“暑いなか、待っていてくれてありがとう!”
“おいくつなんですか?”と満面の笑顔で声を掛けられました」

 かように溌剌としたご様子で公務に励まれれば、フィーバーが高まるのは
自明のこと。だが、美貌のプリンセスはその胸の内に、人知れず“心残り”を抱えて
おられるというのだ。

「実は、佳子さまは夏休みにアメリカヘの短期留学を希望されていたんです」

 その心中を代弁するのは同級生のひとりである。

 ICUでは学生向けに「SEAプログラム」という夏季留学制度を設けている。
1学年600人の学生のうち毎年200人ほどが、通称“シープロ”と呼ばれるこの制度を
利用して6週間の海外留学を体験する。

「佳子さまは説明会にも参加されましたが、ご公務を優先して断念なさったと
聞いています」(同)

 留学を見送られたのは事実なのだが、その理由は少々、異なっていた。

週刊新潮
7
>>1
みんな部活サークルバイト自動車学校に忙しくて時間無いよ
10
>>1
公務
割りの良いバイトだと思えばよろし
30
>>1
腕力…

手腕だろう?

馬鹿かこの記者は、幼稚園からやり直して来い
86
>>1
タイトル変。恋愛は特に関係ないじゃんか。
119
>>1
ニキビのあれかと思ったわw
6
前に留学したときにピッチ化したからじゃね?
8
俺がいるし
9
余裕の鉄拳制裁
11
調教したのけ?
17
>>11
先生女だぞ
18
佳子なら今俺の横で寝てるよ
26
>>18
それ三田さん
19
新潮社の最近の妄想は痴ほう症だ。
根拠なく叩ける商売だから、一度やりだすと止まらない佐野研二郎並み。
21
彼氏を家庭教師にすればいいだけやろ?
22
俺も余裕だ
25
そりゃ推薦で入って一般で入った学生や英語ペラペラの帰国子女についていくのは大変だろうよ
31
腕力かよ
殴ったのか?
33
新潮は昔からだろう。眉唾過ぎて読む気にならない雑誌だった。
36
>>33
眉唾ならまだ、ゴシップとしての楽しみ方もあろうが
『腕力』には眉唾どころか眉を顰めたわ
41
>>36
ふつーなら「手腕」だよなあ。
メディアの語彙や語学力ってほんとひどくなったよなあ。
48
>>41
メディアに属する人間の数なんて、
そう変わってない様な気がするけど、
社会全体のレベルが低下してんのかしら?
51
>>48
今は派遣も多いのよ
43
同級生(笑)
友人は無理にしても、せめて知人にききなよ
44
なんか出だしから失笑物の文章だなこの記事は
46
腕力ていうなら豪腕ぶりとかに変えろよ
52
手腕つーと頭で動かす感じだけどあえて腕力にして、
力尽くとか無理矢理とかの強さをを表現したんでは?
61
ちょっと姫様お救い申し上げてくる
76
俺のチャンスが家庭教師に潰された
97

 
 
99
なんていうか、アメリカナイズされてると言うか、英国王室チックな自由な気質というか、
これはある意味皇族の革命かもしれん
まさに、日本のプリンセス



 
 
103
>腕力

家庭教師「佳子様と付き合いたいならまず儂を斃すことだな」

こうですか?分かりません
106
4人の皇孫殿下








110
「留学したくば、私を倒していけ」

みたいな家庭教師かと思った。

1000:2015/01/01(水) 00:00:00.00 ID:





888